手作り結婚指輪の体験談 | 手作り結婚指輪体験談をあつめました

手作り結婚指輪の体験談

結婚指輪探しにはずいぶん苦労しましたが、最終的にいい手作り結婚指輪が手に入ったので、僕も彼女も非常に満足しています。
途中であきらめて、あまり気に入っていないものを選ばなくてよかったと思っています。

▼目次

手作りには見えないクオリティに自分でもびっくり

最終的に僕らが選んだ指輪ですが、実は市販品ではなく、僕たち自身で手作りしたものなんです。
自分達で作ったものってどうなんだろうと最初は思いましたが、完成品を見て思いました。
「これ、本当に自分らで作ったものなの?」って。
自分でいうのもなんですが、どこかのお店で買ったものに見えましたね。

そう思ったのも、市販の手作り結婚指輪をたくさん見たからだと思います。
僕らは最初から結婚指輪を自分たちで手作りしようと思っていたわけじゃありません。
最初は普通に市販品を売っているブライダルショップなんかを、何件も回っていました。
そこでたくさんプロが作った手作り結婚指輪を見ていたのですが、利用した手作り工房からもらった完成品は、そのときの指輪とほとんど変わらないように見えたんです。
何も言われずにこの指輪を見せられたら、普通にお店で買ったものに見えるんじゃないかなぁと思いましたね。

ツヤツヤに輝く指輪が完成

僕らが選んだ結婚指輪は、ストレートのデザインの指輪です。
ストレートという名前も僕は今回初めて知りましたが、いわゆる普通の指輪と言われるデザインです。
とても凝ったデザインのものもありましたが、僕は結婚式が終わったらずっと指輪をつけるつもりでいたので、あまりに凝ったデザインだと、ちょっとつけづらいなと思って、これにしたんです。

僕自身はファッションで指輪をつけるようなキャラじゃないですし、職場もわりと身だしなみに厳しいので、オシャレすぎる手作り結婚指輪だと、ちょっとどうかなぁという不安もありました。
それもあって一番シンプルで無難なデザインのストレートを希望したんです。
あとは彼女がどうかなぁと思ったんですが、彼女もオシャレ指輪は別にまた買えばいいというスタンスで、結婚指輪はシンプルなもので大丈夫といってくれました。
それで僕らはストレートの指輪を選んだんですが、完成品を見て驚いたのは、ツヤツヤに輝いていたことです。

手作り工房で作っていたときは、デザインの部分を主に手作りした段階で、まだ金属では作られていない段階でした。
そこで僕らの作業は終了となったので、最終的にどんな仕上がりになるか、あまり具体的にはイメージできていませんでした。
もちろん工房からは仕上がりのテイストについて説明を受けていて、こういう風になりますよとは言われていたんですが、自分の目で見るのとはやはり違いますね。

引き渡された完成品は、ピカピカのツヤツヤでした。
鏡のように光っていて、周囲の景色が映り込むくらいです。
そしてこういう結婚指輪は、ショップを回っていたときにたくさん見ていたものです。
どんな仕上がりになるのか、その点だけはちょっと不安もありましたが、最終的に手に入ったこの手作り指輪を見て、正直にいってとても満足です。

シンプルで特別な指輪に満足

その気持ちは、実際に使い始めた今も変わっていません。
結婚指輪を選んでいるときの基準と、実際に使い始めたときの基準って違うものだなと思います。
事前に思っていた通り、僕にとっては職場でも使えるかどうかは大事だったんですが、実際に毎日指輪をつけるようになって、シンプルなデザインにして本当に良かったと思いました。

僕自身が普段から指輪をつけるようなキャラじゃないですから、仕事中に指輪をしているというのは、思った以上に意識するものでした。
しかも僕は営業の仕事をしているため、お客様と直接顔を合わせることもあります。
そういうのを全部含めて、ストレスなくつけられる結婚指輪といったら、やっぱりストレートにしておいて正解だったなと思いました。

お店でいくつか完成品を見たときや、手作り工房でデザインを決めているとき、もっと凝ったデザインを選ぶこともできました。
サンプルも見せてもらいましたが、あれを今はめていたと想像すると、僕的にはやっぱりちょっと気恥ずかしかったかもと思います。

ストレートのシンプルな結婚指輪でも、ピカピカに輝いているものなら十分にいい指輪だと思いますし、単体で見たらシンプルでも、彼女とおそろいの指輪だと思えば、特別さも増します。
そして僕はたくさんある結婚指輪の中で、手作り工房を使って自分で作るという方法を選びましたから、完成品のデザイン自体はシンプルでも十分に特別な指輪になっています。

彼女と一緒に工房へ行き、二人で笑いあいながら作ったときの思い出がありますから。
これだけは、ショップで買った指輪にはあまりないものかなと思います。
見た目ではわからない特徴ですけど、持ち主となる僕たちにわかれば十分だと思っています。

結婚指輪を探し始めたとき、このようないい指輪を手に入れられるか、不安になったこともありましたが、最終的に自分たちが満足いくものが手に入ってよかったです。
人によって満足するものは変わると思いますけど、自分たちで手作りする指輪もあることは多くの人に知ってもらいたいかもと思います。

新着情報

結婚指輪に割引があってお得でした

偶然利用した手作り工房で割引があった

私たちは手作り工房で結婚指輪を作ったんですが、ここで割引があったんです。

自分で調べたところでも、先輩夫婦から聞いたところでも、結婚指輪の割引ってかなりレアらしいですね。

安い指輪もたくさんあるので、わざわざ高い指輪を割引して売る必要がないですから、私も指輪を探していたときに割引をしているのは一度も見なかったように思います。

だからまったく期待せずに、結婚指輪を作ろうと思ってたまたま利用した工房に割引があって、すごく驚きました。

割引キャンペーンを実施中だった

割引されたのはちょうどキャンペーン中だったからみたいです。

定価から1割くらい割引するというサービスが期間限定でされていて、たまたまそのときに利用したから割引を受けられたということだったんです。

タイミングの良さに彼とよかったねと話しました。

結婚指輪に割引があってお得でした の続きを読む

手作り結婚指輪の体験談集

手作り結婚指輪の実態は?

手作りの結婚指輪についての情報を集めても、体験してみないとわからない部分があります。

そこで、実際に結婚指輪を手作りした夫婦の体験談を集めてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

体験談その1

まず紹介するのは、家族連れで結婚指輪を手作りした夫婦です。

結婚指輪は、何も結婚式までに準備しなければならないものではありません。

子供が生まれて落ち着いてからでも、結婚指輪を作ることは可能です。

夫婦はお互いの指輪を作り合ったそうです。

夫は妻の、妻は夫の指輪を作りました。

お互いがお互いの指輪を作ったことにより、夫婦の仲はより一層深まったと言います。

仕上がった指輪はゴールドで、表にハートマークが刻まれているものです。

本人達はトリニティを希望していたようですが、ゴールドだけでも素敵な指輪になりました。

手作り結婚指輪の体験談集 の続きを読む

時間をかけて作る、手作り結婚指輪

体験談からわかること

結婚指輪の手作りに対して憧れを持っている人も多いでしょう。

しかし実際の手作り結婚指輪がどういうものかについては、経験者でしかわかりません。

お手軽に何回も経験するものではないので、ハッキリしない部分もあるでしょう。

そこでネットを中心に、手作り結婚指輪体験談を集めてみました。

経験談からは、広告ではわからない事柄が浮かび上がりました。

最悪の体験談

手作り結婚指輪の体験談から、指輪を作るには時間がかかることがわかりました。

「3時間かかった」という経験談は珍しくなく、1日かかったという体験談もあります。

もし結婚指輪を手作りするのなら、1日は指輪のためにスケジュールを空けておいた方が良いのかもしれません。

また専門店スタッフの対応に満足できなかったという、体験談もあります。

ある人は、デザインを決めずに行ったのは良いものの、スタッフから変に急かされて、思うように考えられなかったそうです。

素敵な思い出づくりにと行ってみたものの、最悪な思い出となっては、どうしようもありません。

時間をかけて作る、手作り結婚指輪 の続きを読む

結婚指輪購入口コミ「最終的に本当に甲丸のシンプルなものになりました。」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

10

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

2本セット35,500円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

元々子どもが産まれる予定だったので、結婚にお金を使いたくないこともあり、結婚式なし、写真なし、家族での食事会のみでした。

結婚指輪もそれにならい、高額ではないものをネットで探しました。

また主人がアトピーの為、あまり太い金属をつけていたくないとの要望があり、プラチナの2mmの細い指輪を見つけ、主人がその指輪が良いということ、また2本合わせて3万5千円でも、一応裏側にダイヤが入っており、刻印もしてくれることからそのペアリングに決めました。

結婚指輪購入口コミ「最終的に本当に甲丸のシンプルなものになりました。」 の続きを読む

ローズゴールドの結婚指輪

ローズゴールドとは

ローズゴールドは、赤みがかったゴールドを指します。

通常ゴールドは黄色がかった色ですが、銅などの赤みがかった金属を混ぜることにより、赤みが強い金色になります。

ピングゴールドやロシアンゴールドとも呼ばれ、かわいらしく柔らかい色合いは女性に人気です。

結婚指輪の定番といえばプラチナですが、女性らしい色合いのピンクゴールドも近年人気です。

男性がピンクゴールドの指輪をつけるのはおかしい?

「ローズ」や「ピンク」という名前がついている素材なだけあって、男性がピンクゴールドの結婚指輪を選ぶことはあまりありません。

女性がローズゴールドの素材を選んでも、男性はプラチナやゴールドの素材を選ぶことが多いようです。

ただもともと肌が、黄色がかっている日本人には、ゴールドの結婚指輪は肌なじみがよいです。

肌の色合いによっては黄色が強いゴールドよりも赤色が強いローズゴールドのほうが、肌なじみがよい場合もあります。

あまり先入観に左右されず、肌の色合いに合った素材を選んだほうがよいでしょう。

ローズゴールドの結婚指輪 の続きを読む