手作り結婚指輪の体験談 | 手作り結婚指輪体験談をあつめました

手作り結婚指輪の体験談

結婚指輪探しにはずいぶん苦労しましたが、最終的にいい手作り結婚指輪が手に入ったので、僕も彼女も非常に満足しています。
途中であきらめて、あまり気に入っていないものを選ばなくてよかったと思っています。

▼目次

手作りには見えないクオリティに自分でもびっくり

最終的に僕らが選んだ指輪ですが、実は市販品ではなく、僕たち自身で手作りしたものなんです。
自分達で作ったものってどうなんだろうと最初は思いましたが、完成品を見て思いました。
「これ、本当に自分らで作ったものなの?」って。
自分でいうのもなんですが、どこかのお店で買ったものに見えましたね。

そう思ったのも、市販の手作り結婚指輪をたくさん見たからだと思います。
僕らは最初から結婚指輪を自分たちで手作りしようと思っていたわけじゃありません。
最初は普通に市販品を売っているブライダルショップなんかを、何件も回っていました。
そこでたくさんプロが作った手作り結婚指輪を見ていたのですが、利用した手作り工房からもらった完成品は、そのときの指輪とほとんど変わらないように見えたんです。
何も言われずにこの指輪を見せられたら、普通にお店で買ったものに見えるんじゃないかなぁと思いましたね。

ツヤツヤに輝く指輪が完成

僕らが選んだ結婚指輪は、ストレートのデザインの指輪です。
ストレートという名前も僕は今回初めて知りましたが、いわゆる普通の指輪と言われるデザインです。
とても凝ったデザインのものもありましたが、僕は結婚式が終わったらずっと指輪をつけるつもりでいたので、あまりに凝ったデザインだと、ちょっとつけづらいなと思って、これにしたんです。

僕自身はファッションで指輪をつけるようなキャラじゃないですし、職場もわりと身だしなみに厳しいので、オシャレすぎる手作り結婚指輪だと、ちょっとどうかなぁという不安もありました。
それもあって一番シンプルで無難なデザインのストレートを希望したんです。
あとは彼女がどうかなぁと思ったんですが、彼女もオシャレ指輪は別にまた買えばいいというスタンスで、結婚指輪はシンプルなもので大丈夫といってくれました。
それで僕らはストレートの指輪を選んだんですが、完成品を見て驚いたのは、ツヤツヤに輝いていたことです。

手作り工房で作っていたときは、デザインの部分を主に手作りした段階で、まだ金属では作られていない段階でした。
そこで僕らの作業は終了となったので、最終的にどんな仕上がりになるか、あまり具体的にはイメージできていませんでした。
もちろん工房からは仕上がりのテイストについて説明を受けていて、こういう風になりますよとは言われていたんですが、自分の目で見るのとはやはり違いますね。

引き渡された完成品は、ピカピカのツヤツヤでした。
鏡のように光っていて、周囲の景色が映り込むくらいです。
そしてこういう結婚指輪は、ショップを回っていたときにたくさん見ていたものです。
どんな仕上がりになるのか、その点だけはちょっと不安もありましたが、最終的に手に入ったこの手作り指輪を見て、正直にいってとても満足です。

シンプルで特別な指輪に満足

その気持ちは、実際に使い始めた今も変わっていません。
結婚指輪を選んでいるときの基準と、実際に使い始めたときの基準って違うものだなと思います。
事前に思っていた通り、僕にとっては職場でも使えるかどうかは大事だったんですが、実際に毎日指輪をつけるようになって、シンプルなデザインにして本当に良かったと思いました。

僕自身が普段から指輪をつけるようなキャラじゃないですから、仕事中に指輪をしているというのは、思った以上に意識するものでした。
しかも僕は営業の仕事をしているため、お客様と直接顔を合わせることもあります。
そういうのを全部含めて、ストレスなくつけられる結婚指輪といったら、やっぱりストレートにしておいて正解だったなと思いました。

お店でいくつか完成品を見たときや、手作り工房でデザインを決めているとき、もっと凝ったデザインを選ぶこともできました。
サンプルも見せてもらいましたが、あれを今はめていたと想像すると、僕的にはやっぱりちょっと気恥ずかしかったかもと思います。

ストレートのシンプルな結婚指輪でも、ピカピカに輝いているものなら十分にいい指輪だと思いますし、単体で見たらシンプルでも、彼女とおそろいの指輪だと思えば、特別さも増します。
そして僕はたくさんある結婚指輪の中で、手作り工房を使って自分で作るという方法を選びましたから、完成品のデザイン自体はシンプルでも十分に特別な指輪になっています。

彼女と一緒に工房へ行き、二人で笑いあいながら作ったときの思い出がありますから。
これだけは、ショップで買った指輪にはあまりないものかなと思います。
見た目ではわからない特徴ですけど、持ち主となる僕たちにわかれば十分だと思っています。

結婚指輪を探し始めたとき、このようないい指輪を手に入れられるか、不安になったこともありましたが、最終的に自分たちが満足いくものが手に入ってよかったです。
人によって満足するものは変わると思いますけど、自分たちで手作りする指輪もあることは多くの人に知ってもらいたいかもと思います。

新着情報

毎日使っても飽きないシンプルなデザインの結婚指輪

シンプルデザインはメリットだらけ

結婚指輪は日常的に使うものだから、シンプルなデザインの結婚指輪を求めている方も多いでしょう。近所のスーパーに買い物に行く際に、ド派手なデザインの結婚指輪をつけると却って浮きます。
そこでシンプルな結婚指輪の登場です。シンプルなデザインの指輪なら、近所のスーパーからゴージャスなパーティーまで、オールマイティに使えます。喪主側の意向によっては、葬式の場でも使えるほど。安い値段で売られおり、海外の高級ブランドであっても15万円未満で購入できます。
毎日使っても飽きないシンプルなデザインの結婚指輪 の続きを読む

何か青いものをみにつけよう!サファイアの伝説

イギリスに伝わる不思議な伝承

イギリスには、不思議な伝承があります。伝承の種類は様々ですが、中にはおまじないも含まれているのです。伝承が語るおまじないには、結婚にまつわる「サムシング・フォー」の姿も。
何か新しい物・何か古い物・何か借りた物、そして「何か青いもの」を含めた4つの物を結婚式に取り込むと、幸せになれると言われています。元来は欧米でおこなわれたおまじないですが、日本で取り入れている人も増えてきました。
何か青いものをみにつけよう!サファイアの伝説 の続きを読む

なぜ結婚指輪は左手につけるのか?

結婚指輪は左手につけるものか?

結婚指輪は左手につけるもの。結婚指輪を手作りする際にも、左手薬指につけることを大前提として制作に取り掛かることでしょう。ではなぜ、結婚指輪は左手の薬指につけるのでしょうか。結婚指輪を右手につけたら、良くないことが起きてしまうのでしょうか。
結婚指輪を左手につける意味について、掘り下げてみました。
なぜ結婚指輪は左手につけるのか? の続きを読む

ヴァンドーム青山の口コミについて

ヴァンドーム青山とは?

結婚指輪の店を選ぶ際に気になるのは、口コミでしょう。ネットを探せば、店の口コミはすぐに分かります。ただ口コミが事実かどうかについては、どう考えても分からないもの。最終的な判断は、実際に店舗に訪れてみないかぎりはどうしようもありません。
口コミは口コミであって、事実とは違います。でも店を選ぶ際には、大いに参考になるでしょう。今回はヴァンドーム青山の口コミについて、掘り下げてみました。
ヴァンドーム青山の口コミについて の続きを読む

結婚指輪は左手につける?それとも?

結婚指輪は左手につけるのが定番

結婚指輪といえば、左手の薬指にはめることが定番中の定番です。諸説は色々とありますが、右手に指輪をはめると作業が難しくなるからとのこと。しかし、右利きであればまだしも左利きの方には通じません。左手に結婚指輪をはめれば、作業の邪魔になるだけ。
そもそもなぜ、結婚指輪は左手にはめるのでしょうか。右手に指輪をはめて良いのかどうかについても、掘り下げます。
結婚指輪は左手につける?それとも? の続きを読む