手作り結婚指輪体験談 Archives | 手作り結婚指輪体験談をあつめました

HOME » 手作り結婚指輪体験談

手作り結婚指輪体験談

ローズゴールドの結婚指輪

ローズゴールドとは

ローズゴールドは、赤みがかったゴールドを指します。

通常ゴールドは黄色がかった色ですが、銅などの赤みがかった金属を混ぜることにより、赤みが強い金色になります。

ピングゴールドやロシアンゴールドとも呼ばれ、かわいらしく柔らかい色合いは女性に人気です。

結婚指輪の定番といえばプラチナですが、女性らしい色合いのピンクゴールドも近年人気です。

男性がピンクゴールドの指輪をつけるのはおかしい?

「ローズ」や「ピンク」という名前がついている素材なだけあって、男性がピンクゴールドの結婚指輪を選ぶことはあまりありません。

女性がローズゴールドの素材を選んでも、男性はプラチナやゴールドの素材を選ぶことが多いようです。

ただもともと肌が、黄色がかっている日本人には、ゴールドの結婚指輪は肌なじみがよいです。

肌の色合いによっては黄色が強いゴールドよりも赤色が強いローズゴールドのほうが、肌なじみがよい場合もあります。

あまり先入観に左右されず、肌の色合いに合った素材を選んだほうがよいでしょう。

ローズゴールドの結婚指輪 の続きを読む

結婚指輪購入口コミ「やっぱり指輪はいいものでした。」

1.性別

男性

2.購入時の年齢

20代

3.現在、結婚何年目ですか?

4

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

2万2万

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪は2人で選んで購入しました。

一番のポイントは2人で一緒に選んで2人で買うということです、これは一番大切なポイントだったと思います。

予算はなるべく低く、予算が低かったとしてもデザインをよく見ればそれでいいんじゃないかというそんな流れが考えがあったように感じます。

宝石はダイヤモンドを選びました、私が宝石好きだったので宝石をつけようということでダイヤモンド付きの結婚指輪を購入しました。

結婚指輪購入口コミ「やっぱり指輪はいいものでした。」 の続きを読む

18金の結婚指輪を手作り

18金って何?

18金や14金という言葉がありますが、一体何を意味しているのでしょう。

18金(K18)などの金(K)は、金の純度を表しています。

金の純度は24分割で表現されます。

24金が純度100%の金を意味し、18金は18/24、つまり75%の純金が使われているということです。

ちなみにダイヤモンドの重さを意味するカラット(carat)と金の純度を意味する(karat)は、日本語の発音は同じですが、完全なる別物です。

一説には、ダイヤモンドのカラットとの混合を防ぐため、K18を18金と表記するようになったといわれます。

多くのアクセサリーは18金や14金などで作られており、純金は使われていません。

なぜ純金が使われないかというと、それは金が柔らかすぎるからです。

時代劇でよく小判を噛む仕草がありますが、あれは小判の柔らかさを確認し、どれくらいの金が配合されるか判断するためです。

もし純金で結婚指輪を作ったら、すぐに歪み型崩れしてしまうでしょう。

18金の結婚指輪を手作り の続きを読む

結婚指輪「ルビーとサファイア」

結婚指輪で選ぶ「石」

結婚指輪のリングに装飾される「石」、すなわち宝石には、どのようなものが好まれるでしょう?

一般的に人気なのが、やはりダイヤモンドです。

ダイヤモンドの透明感溢れる輝きは、結婚指輪に相応しい存在感があります。

ただ、ダイヤモンドはポピュラーすぎるので、オリジナリティ溢れる結婚指輪にしたいと言いう人もいます。

ルビーとサファイアもおすすめ

宝石の中でも美しい色味が特徴的なのが、ルビーやサファイアです。

ルビーは赤系の色で、産地ごとに色味が微妙に違うのですが、情熱的な色味が特徴的な宝石です。

結婚指輪「ルビーとサファイア」 の続きを読む

ピカチュウの結婚指輪

ピカチュウの結婚指輪

結婚指輪にはユニークな指輪もたくさんあり、非常に個性的な指輪にした方もよくおられます。
どんな個性的な指輪かというと、たとえばピカチュウの指輪です。
非常に人気のキャラクターですよね。
これをモチーフとして使った結婚指輪も売られており、これを選んだ方もおられるのです。
いくつかこのピカチュウの結婚指輪に関する体験談をご紹介しましょう。
ピカチュウの結婚指輪 の続きを読む

結婚指輪「5号」を探す

結婚指輪のサイズ表記について

結婚指輪のサイズを表す時には、1号・2号・3号・という形で表記を行います。
海外になると、これが単なる1234という表記あったり、アルファベットでサイズを表したりしますが、日本ではこの「号」が標準のサイズ表記になっています。
指輪のサイズは、結婚指輪を選ぶ際の大切なポイントのひとつで、大きすぎると指から抜けやすくなり、小さすぎるとリングの締め付けがつらくなったり、指から抜けなくなったりと、どちらも装着感が悪くなります。
結婚指輪「5号」を探す の続きを読む

手作り指輪に刻み込みたいメッセージ

手作り指輪に刻んだメッセージの紹介

手作りの結婚指輪は、一生涯身につけるとても大切なものです。だからこそ、2人だけにしか見ることができない指輪の内側にメッセージを刻印したいという方も多いでしょう。
定番のメッセージは、結婚記念日・2人のイニシャルでした。でも最近はより強い思い出となるよう、オリジナルのメッセージを刻む方も増えています。ではどういうメッセージを刻み込めれば良いのか、寄せられた体験談を元に紹介しましょう。
手作り指輪に刻み込みたいメッセージ の続きを読む

手作り結婚指輪の相談

手作り結婚指輪を用意するとき、いろいろなお店や工房で相談しました。
正直いってどんな手作り結婚指輪がいいのか、値段はどれくらいか、注文から入手までの流れはどうなるのか、わからないことだらけだったからです。
彼女も同じだったらしいので、それだったらもうお店で相談しようと、そういう話になったんです。
手作り結婚指輪の相談 の続きを読む

手作り結婚指輪の修理

手作り結婚指輪はもちろん金属製なので壊れるってイメージがあまりなかったんですが、私がつけていたものは、気づくと微妙に変形しており、表面もなんだか強く物がこすれたような傷がついており、よく見ると金属が欠けているように見えました。
せっかく妻とお揃いで作った手作り結婚指輪なのに、私のものだけ微妙にボロボロになっており、なんだか申し訳ないなぁと思って、修理をお願いしました。
手作り結婚指輪の修理 の続きを読む